初心者におすすめの赤いノートパソコンはサポート重視がいい!

僕がパソコン初心者だった時代に、パソコンを購入するとなると値段ありきでした。

しかし、値段ありきで買ってしまうといけないのがパソコンです。

僕のような失敗者を出さない為にも、あなたにおすすめの赤いノートパソコンを紹介します。

「初心者だから安価でいい」は失敗のもと!

パソコンを購入するとき、「どうせ初心者で、買っても使える事といったらメールやインターネットくらい」やれる事を少なめに考えてしまいがちです。

これが失敗のもとです。

実際は、どんなパソコンでも基本的にやれる事は同じです。

ただ、CPU(コンピューターの頭脳で一番大事なパーツ)の性能によって作業性や動きの速さに差が出ます。

よく言われるのは、ネット閲覧、ワード、エクセルくらいしか使わないなら安いパソコンで十分っていう事なんです。

僕は、この言葉に踊らされて安いパソコンを購入してしまいました。

その結果、最初は良かったけど後々には、動作が激おそで、悪い時には固まって全く動かなくなってしまいました。

それと言うのも、家族の写真や動画をパソコンに取り込もうとしたわけなんです。

そうすると、固まっちゃって全く動かなくなってしまったんです。

当初はネットやエクセル、ワードくらいしか使わないからって思っていましたが、パソコンがあるとやりたい事って結構あとになって増えてきます。

そもそも、パソコンは使えば使うほど速度は遅くなっていくものではあります。

だから、あなたも安価で性能が低いパソコンではなく、少しだけ高い性能のパソコンを選ぶようにした方があとあとになって失敗したっていう事がなくなりますよ。

初心者が選ぶならこのスペック!

初心者でも、一般ビジネスで使用するレベルのパソコン性能は欲しいです。

そこで、あなたにおすすめしたいスペックは・・

OSWindows 10 Home 64bit
CPUIntel core i5 / AMD Ryzen5
メモリ8GB
ストレージ256GB SSD

このくらいのスペックがおよそ一般的に普通レベルのスペックになります。

ちなみに一般的というと・・

  • インターネット、メール
  • エクセル、ワードなど文書作成
  • 画像閲覧
  • 動画視聴
  • 音楽鑑賞
  • 画像編集(プロじゃない、簡単な感じ)

こんな感じの事が余裕でできますよという感じです。

OS

OSは初心者の場合は、Windows 10の一択でいいでしょう。

Macはどちらかというと、プロ仕様というかビジネス仕様だと思ってもらった方がいいです。

ちなみにOSっていうのは、いろんなアプリを子分とするとそれを取り仕切っている親分的な役割です。

とは言っても、基本的には新品で打ってあるパソコンにはほぼほぼWindows 10が入っているので、ここはあまり気にしなくても大丈夫です。

CPU

上の方でちらっと書いていましたが、パソコンの頭脳です。

中心的な役割をしているのが、このCPUです。

パソコンを選ぶ時に、性能をチェックする時に一番最初に見るのがCPUです。

このCPUで、パソコンでできる事が決まってきます。

CPUは世界で2社が大きなシェアを持っています。

Intel社とAMD社です。

そして、それぞれランクがあります。

Intel社AMD社
Core i7Ryzen 7
Core i5Ryzen 5
Core i3Ryzen 3
PentiumAthlon
Celeron

2社ありますが、横並びでほぼ同じ性能です。

さらに、つくられた世代によって第〇世代なんて呼ばれます。

新しい世代ほど、性能が良くなっていくのは当然ですね。

Intel社だと・・・

Core i5-8265U

と表記されます。

4桁の数字の頭の数字が世代で、これだと第8世代という事です。

これについてはAMD社も同じです。

ただし、2020年6月時点ではIntel社は第10世代が発売されているのに対して、AMD社は第3世代までが発売されています。

メモリ

メモリは性能が高い程、1回の作業の間にたくさんのファイルを開いておくことができるようになります。

どういう事かというと、あなたのデスクが狭いとします。

すると、デスクの上に計算機やノート、書類、資料、その他もろもろを出してしまうといっぱいになってしまうので、1回ごとに引き出しに納めないといけません。

出したり入れたりする手間があって、作業が非効率になってしまいます。

逆に広いデスクの上だと色々なものを出しておけるので、見たい時にすぐに見る事ができます。

これがパソコンの中で表されているのが、メモリの性能の差になります。

一般的なパソコン用途でしたら8GBがベストです。

4GBっていうパソコンや逆に16GBあるいは、それ以上っていうパソコンも存在しています。

僕は4GBのパソコンを使っていましたが、はっきり言って重たいです。

逆に16GBのメモリ搭載のパソコンを使用した時は、気持ち良かった~(笑)。

とは言っても、大きすぎるメモリは価格に反映されてしまうので一般的な使用には8GBがいいでしょう。

ストレージ

ストレージはHDD(ハードディスク)やSSD(ソリッドステートドライブ)などの保存するためのパーツを指します。

上で説明したメモリがデスクの上でしたが、ストレージは引き出しの役割です。

ちゃんと片付けるところです。

まず・・・

HDDは遅くて壊れやすくて重たいけど、安い。

SSDは速くて壊れにくくて軽いけど、高い。

メリットとデメリットを一言で表すとこんな感じです。

ただ、はっきり言いますとHDDはもうやめた方がいい!

高いものを勧めているようで、申し訳ありません。

でも、SSDだと遅いものでも、電源を投入してから45秒くらいで作業開始できます。

HDDだと確実に倍以上の時間がかかってしまいます。

もちろん、作業の合間にファイルを開いたり保存したりの作業一つ一つにも時間がかかってしまいます。

このイライラは結構たまりません。

なので、あなたもできるならSSD搭載パソコンを選ぶようにした方が無難じゃないかなぁなんて思います。

容量的に見ると、256GB以上をおすすめにしています。

単純に写真で1,800万画素の写真だとすると38,510枚、4K(3,840×2,160)動画で314分、フルHD(1,920×1,80)動画で2,420分の保存が可能です。

厳密にOSが保存されていたりするので、そんなにたくさん保存することはできませんけど、かなりのデータを保存できることが分かってもらえると思います。

サポート重視のメーカーおすすめの赤いノートパソコンは?

それでは、サポート重視でこんな僕でもあなたにおすすめできる赤いのーとパソコンを紹介していきます。

一応3機種紹介しますが、あなたの予算やも屋外で使えるかどうか、ディスプレイサイズはあなたにとって適当かどうか、っていう事も検討対象にしてみてください。

マウスコンピューター「mouse X5-B」

OSWindows 10 Home 64ビット
CPUAMD Ryzen™ 5 3500U
メモリ8GB
ストレージ256GB SSD
ディスプレイ15.6インチ
重量約1.40㎏
動作時間約15.4時間
価格102,080円(送料・税込み)2020年6月12日時点

マウスコンピューターのmouse X5-Bは特におすすめです。

初心者に限ったことではありませんが、電話サポートが24時間365日受ける事ができます。

わからない事が起こったら、すぐに電話して質問してみるといいですよ。

すぐにオペレーターが優しく答えてくれます。

価格的に見ても、そんなサポートがついていながらにこの価格は安いです。

実は僕は「mouse X5-B」をマウスコンピューターさんに借りて使ってみたことがあります。

15.6インチサイズなので、屋外で手軽にすぐに使えるっていう便利さにはかけてしまうかもしれませんが、それでも十分に外出先で使用できるような重さや動作時間になっています。

使ってみた時のレビュー(感想)の記事を書いているので、もし暇があれば見て購入の参考にしてみてください。

マウスコンピューター「mouse X4-B」

OSWindows 10 Home 64ビット
CPUAMD Ryzen™ 5 3500U
メモリ8GB
ストレージ256GB SSD
ディスプレイ14.0インチ
重量約1.13㎏
動作時間約9.4時間
価格91,080円(送料・税込み)2020年6月12日時点

マウスコンピューターのより持ち運び性を重視した14インチモデルになります。

14インチながらに約1.13㎏というのは、他メーカーの同型機と比べても軽いと言えます。

もちろん、屋内だけで使用する場合でも十分に役目を果たしてくれるノートパソコンです。

より軽い方がいいっていう方におすすめです。

富士通「LIFEBOOK WU2/D2」

OSWindows 10 Home 64bit
CPUIntel Core i5-8265U
メモリ8GB
ストレージ256GB SSD
ディスプレイ13.3インチ
重量約747g
動作時間約11.5時間
価格142,014円(送料・税込み)

まずは、このキーボードまで赤いのが僕としては嬉しい(笑)。

先に説明しておかないといけないのが、初期設定だとカラーも黒でCPUは「Core i3」メモリは「4GB」、ストレージは「128GB SSD」になっています。

僕のおすすめ設定は、上表の通りなのでカスタマイズした時価格になっています。

見た目にも高いですよね。

でも、実は通常こうやって通販で購入すると保証期間が1年間無料っていうメーカーが多い中で富士通は3年間無料保証がついています。

また、マカフィリブセーフというセキュリティソフトが60日試用版ではなく3年版が最初から搭載されています。

ちょっと高くついているように思いますけど、実はこんな事情があったわけです。

あと、富士通WEB MARTの公式サイトで無料会員登録をするともう少しだけ安く購入できます。

サイズ的には外出先使用をメインに考えている人向けですが、もちろん家の中だけでも使えます。

軽くて持ち運びがとても便利です。

まとめ

サポート重視の2メーカーの赤くて使いやすいノートパソコンはどうでしたか?

もっと、安いのいいって思ってしまったらそれまでなのですが、それなりに使いやすいモデルを紹介しました。

マウスコンピューターの「mouse X4-B」なんて、全部コミコミでも10万円以下で買えますからね。

初心者のあなたでも安心して購入できる、3機種を紹介させていただきました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください