真っ赤なモバイルノートPC富士通「LIFEBOOK WU2/D2」はどこでもOK!

富士通の「LIFEBOOK WU2/D2」は、どこでも使う事のできる超軽量モバイルノートパソコン。

13.3インチで747gしかないので、超軽いです。

スポーツ観戦にも、アウトドアにもおすすめの真っ赤なボディ!

キーボードまでもが赤いボディに一目惚れしてしまいます。

富士通「LIFEBOOK WU2/D2」はカスタマイズ可能!

カスタマイズっていうのは、自分の好きなパーツに変更することができるっていう事です。

カスタマイズしてパーツなどをアップグレードして購入することができます。

ですが、性能の高いパーツを組んでしまうと価格に跳ね返ってきますので、一つ一つ確認しながらやってみましょう。

この記事では、主要なパーツをカスタマイズするとどのくらい価格が上がるかは書いてあります。

初期設定ではCPUが「Core i3 8145U」が搭載で、メモリは4GBです。

初期設定で、あなたが使いたい用途で物足らなさを感じたらCPUなどグレードアップが可能です。

基本構成

真っ赤なノートパソコンを購入するには、「軽量ノートPC(747g~)」を選択します。

OS

下表の2つから選択可能です。

Windows10Home 64bit版
Windows 10 Pro 64bit版 ⇒ +11,000円

「Windows10Home 64bit版」の選択で問題ありません。

CPU

CPUの選択によってメモリの選択も限定されます。

Intel Core i3-8145U (2コア/4スレッド/2.10~3.90GHz)
Intel Core i5-8265U (4コア/8スレッド/1.60~3.90GHz) ⇒ +22,000円
 Intel Core i7-8565U (4コア/8スレッド/1.80~4.60GHz) ⇒ +44,000円

僕のイメージとしては、外出先でも家でも使って動画も見てっていう感じです。

おすすめはCore i5-8265Uの選択です。

でも、価格が大幅に上がってしまうので、Core i3-8145Uで妥協してもいいレベルです。

メモリ

メモリは+9,900円になってしまいますが、8GBの一択でおすすめします。

4GBだと同時にいろんな作業をこなそうとした時に、動作が遅くなってしまう事があります。

僕が経験した中では8GBであれば、その当たりで不満に感じたことはありません。

SSD

SSDはOSやアプリケーション、ファイルなどを保存しておくものです。

最初の基本設定で128GBとなっています。

もし、あなたが写真や動画をガンガン保存する予定があるのであれば、256GBや512GBにカスタマイズしましょう。

その他

例えば、バッテリーなどはあなたが外でたくさんの使用をするという時にはランクの高いものを選ぶべきでしょう。

富士通データでは、基本構成の25Whバッテリだと約11.5時間となっていますが、+5,500円で50Whバッテリにカスタマイズすると、約25時間になります。

外出先で動画視聴をすると、電力消費も大きくなってしまいますので、ちょうどいい場面で電源がOFFなんてこともあるかもしれません。

また、Officeソフトは基本構成では入っていません。

必要な場合は+24,200円で搭載することができます。

富士通「LIFEBOOK WU2/D2」はどこでもOK!

軽量で、13.3インチの本体サイズ横309×奥行212×高さ15.5mmと軽量で、13.3インチの本体サイズ横309×奥行212×高さ15.5mmとほぼA4サイズ(297×210㎜)です。

持ち運びに関しては何も言う事がないといえるレベルです。

そして、なんと言っても『赤』です。

僕のような40代のオッサンでも服とかじゃないので、恥ずかしいと思う事もなくでも平気で持ち歩くことができます。

僕なんかは広島に住んでて広島東洋カープファンなので、野球観戦の時に入場前にこのパソコンを出すと映えるだろーなーって思います。

赤いチームカラーのファンっていう人は広島だけじゃなくて、Jリーグにもいますから。

そういう人達にはとってもおすすめですね。

富士通

こんなあなたにおすすめ

・赤いスポーツチームが大好き!
・とにかく赤が好きな人!
・オシャレな赤が好き!
・お部屋も服も真っ赤!
・赤が好きでパソコンの性能も大事!
・赤いパソコンを誇らしげに使いたい!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください