マウスコンピューター赤いノートPC「mouse X4-B」を購入する手順

マウスコンピューターが発売している赤いノートPC「mouse X4-B」は初心者の方にもおすすめの14インチ軽量モバイルノートパソコンです。

実際、おすすめなのはいいけど初心者だとカスタマイズとかが分からなくて不安だから買えないっていうあなたの為に購入する手順を書いていきます。

マウスコンピューター公式サイトにアクセス

Yahoo!でもGoogleでもなんでもいいので、検索窓に「マウスコンピューター」と入力して検索すると検索結果の一番上に出てくるのが、公式サイトになります。

当サイトからでも下のバナーをクリックしてもらうとアクセスできます。

マウスコンピューター期間限定セール

マウスコンピューター/G-Tune

マウスコンピューターのホーム画面の上部部分の画像です。

黄色い帯のメニューバーの左から3番目に「ノートPC」とあるので、そこにマウスカーソルを合わせるとマウスコンピューターのノートPC一覧が表示されます。

今回は「mouse X4-B」なので、赤丸で囲っているX4シリーズの中にある「AMD Ryzen™5 3500U Radeon™Vega 8」を選択します。

移動した画面から下の方へスクロールしていくと、以下のような画面になります。

ちなみにこの記事からも下のページに直接アクセスできます。

ひとまず、Office Personal 2019については無視して、上の「カスタマイズ・お見積り」を選びます。

こんな感じの画面に入りまして、ここから下に行くほど、カスタマイズできます。

価格が常に一番下に書いてあるので、わかりやすくなっていますね。

あなたが何かパーツをカスタマイズすると、価格が変わりますからひとつずつチェックしながら進むといいですよ。

もちろん、何もカスタマイズしなくても購入はできます。

その時の金額は全部コミコミで¥91,080です。

正直なところこのスペックでなかなか安い!

実際にカスタマイズしてみる!

やってみるだけならただなので、カスタマイズして楽しんでみましょう(笑)!

最初は使用者の選択です。

あなたは個人なので上の個人向けのままで問題ありません。

続いてサポートサービスの選択です。

サポートの選択

サポートは保険のようなものです。

正直なところ、僕が購入するなら全て初期設定にしますが、あなたが不安である場合と予算に余裕がある場合には、より厚い保証を選択するといいでしょう。

無償で1年間のセンドバック修理保証がついています。

センドバックとピックアップの違いは修理をお願いする時に、センドバックの場合は送る時の送料のみ負担でピックアップの場合はあなたの送料負担はありません

安心サービスパックは最短修理と専任スタッフの専用ダイヤルにつなぐことができます。

もし、僕があなたの立場だとすると、ギャンブル的な要素になってしまいますが、変更なしで行きます。

っていうのも、僕が今まで使ってきたパソコンで3年以内に壊れたパソコンっていうのが無いっていうのが一番の理由です。

ただ、今回もどうかっていうのはわからないところです。

普通に使っていて壊れるっていう事はめったにないはずですが・・。

こればかりは、僕が勝手にあなたにおすすめとは言えないので、あなたの予算に合わせて考えてもらうといいでしょう。

正直なところ、上の24時間365日電話サポートがついているだけでかなりのサポート力です。

どうしても、不安な時はサポートで安心パックを選んでリモートサポートサービスを追加するのもいいかもしれません。

次の破損盗難補償も同様に・・・

OSの選択

OSは「Windows 10 Home 64ビット」のままで問題ありません。

一般の利用であれば、Home、仕事用であればProという選択になります。

構成のカスタマイズ

続いて、いよいよ構成です。

と言いながら、最初はいきなり下取りサービスです(笑)。

あなたが現在持っているパソコンがあれば、¥1,000で下取りしてくれます。

もっと高く下取りして欲しいなぁ(笑)。

続いてオフィスソフトの選択です。

僕が家電量販店の売り場で確認してみると、ほとんどの機種にオフィスが初期搭載してありました。

「Microsoft Office Personal 2019」を搭載したい場合はここで選択するよりも1ページ元に戻って初期設定で搭載してあるものを選ぶ方が若干ですがお得です。

ちなみにMicrosoftはアメリカの会社でKINGSOFTは中国の会社です。

使い勝手はほぼ一緒ですが、若干違うっていう部分もあります。

こだわらないのであれば、KINGSOFTのOfficeでも慣れてしまえば同じです。

必要ない場合はなしのままで問題ありません。

次はウイルス対策です。

何もしなくても、60日体験版は無料でついています。

また、Windowsが自動更新される事によってセキュリティ機能も更新されています。

必要ないと言えば、ないのですがこればかりは万全と言える対策は今のところこの世の中に存在していないのが現実です。

ちなみに、後からマカフィーの公式サイトで購入することも可能ですが、1年で9,146円(税込み)、3年版で16,785円(税込み)と最初から搭載するよりもかなり割高です。

また、家族のスマホやパソコン、タブレット端末全部を保護することができます。

最初から選んでおくとかなり安心ですよね。

続いて、ノートPCクーラー、CPU,CPUグリスです。

ノートPCクーラーは文字通りクーラーです。

発熱を抑えるためのものですが僕としては必要ないと思っています。

CPUは残念ながら、カスタマイズできません。

ただ、ミドルスペックのCPUで通常のビジネスや画像編集には全く問題なく処理してくれますし、簡単な動画編集もこなすことができていい性能ですよ。

CPUグリスはあなたが塗ったりするものではありません。

メーカーがやってくれるサービスです。

次はメモリの選択です。

メモリをカスタマイズする事によって、作業が嘘みたいに快適になります。

ただ、はっきり言って8GBもあれば全く問題ないかなと・・。

そんなに高くないので、16GBにしてもいいですけどね。

そのサクサク感は半端ない!

まあ、8GBで問題ないでしょう。

次の選択は光学ドライブですが本当に必要なのでしょうか?

特別DVDやブルーレイで動画鑑賞するなら必要ですが・・

そもそも内蔵ドライブは選択できません。

どうしてもという時にはUSB接続の外付けドライブを選択しましょう。

意外とあると便利なカードリーダーです。

スマホやデジカメのデータ移動が少し簡単になります。

選択することもなく、最初から搭載されています。

次は選択の幅が広いSSDです。

初期設定は256GB SSDになっています。

写真や動画をたくさんパソコンに取り込みたいっていう場合には、より容量の大きいものを選択します。

そして、同じ容量でも「(M.2 SATA3 接続)」や「(M.2 PCI Express 接続)」、「 ( SAMSUNG PM981a / M.2 PCIe Gen3 x4 接続 ) 最大3,500MB/s超の連続読み出し性能!」という3種類があることに気づいていただけると思います。

速さの違いと思ってもらっていいです。

SSDの時点で十分速いですが、M.2PCIExpressだと10秒から20秒以内にはWindowsが立ち上がります。

当然、SAMSUNG PM981aはもっと速いけど高すぎる!

という事でもし、僕が選ぶとするなら512GB NVM Express SSD ( M.2 PCI Express 接続 )1TB NVM Express SSD ( M.2 PCI Express 接続 )の2択です。

256GBだとやはり少し容量的に不安です。

512GBと1TBは予算との相談します。

逆に256GBにして次の外付けストレージで対応っていう方法もありです。

ただ、外付けHDDは無理してここで選ばなくても後から別に購入しても大丈夫です。

データ復旧サービスの選択です。

これも、保険のようなものですね。

全く使わないっていう事の方が多いかもしれません。

僕だったら予算的な問題でなしにします。

ここからはカスタマイズできないパーツです。

ここからは必要に応じて追加するものになります。

キーボードやマウスなどの周辺機器は必要に応じてっていう感じです。

ただ、キーボードに関してはノートPCで別売りで購入するという事はほぼあり得ません。

マウスはあった方がいいですが、別で購入してより安価で気にいったものを選択するというのがいいですよ。

スピーカーとヘッドフォンも基本的には必要ありません。

テレワークを考えている場合は、選択も一考です。

でも、Amazon、楽天で探してみた方がいいかもしれませんね。

この後の選択で、モニタとプリンターなどの周辺機器があります。

当然あなたが必要と思えば選択してもいいですけど、僕な全部必要ありません。

まとめ

結局のところ、あなたがカスタマイズするのはSSD、Officeくらいになるのではないでしょうか?

その他は初期設定か無くても問題ないものばかりです。

やってみると、意外と簡単で楽しいでしょう?

これを機に他のメーカーでも試してみるといいですよ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください