「NEC Direct PM」は赤?使ってみた感想

この画像のノートパソコン「NEC Direct PM」ってい言います。

あなたはこの赤が好きですか?

正直なところ、僕としは「赤?」っていう感じです。

あずき色と言いますか・・

プロ野球の楽天イーグルス的な色ではあるような気もしないでもないっていう感じです。

ちょっと違うか。

NECダイレクトの公式サイトを見てみると、クラシックボルドーっていう色です。

お手頃価格の、テレワークやモバイルに最適なノートパソコンなので、貸出機をお借りして使ってみました。

今日の記事では、その感想を書いてみます。

「NEC Direct PM」の外観は?

箱は地味です。

でも、結構丈夫で頑丈です。

まず、輸送中に壊れる事はないだろうなっていう感じです。

さすがに、人気のメーカーだけあって取説類が充実しています。

もし、購入した時はしっかり読んでから使いましょう!!

っていう僕も取説を読むのはちょっと苦手なんですけど。

すぐに使いたいので、ついつい読まずに使いたくなってしまいます(笑)。

相変わらず、我ながら写真がうまく撮れないけど、天板の写真で、それでもまあこんな感じの色です。

赤かって言われたら微妙ではありますが、まあ赤かなっていう感じ。

僕の場合は「ザ・赤!」っていう方がカッコいいなって思ってしまいます。

それでも、あなたにとっては素敵な赤かもしれませんよ??

底面の写真です。

底も同じクラシックボルドーです。

開いてみました。

キーボード自体は黒ですが、文字の色などはまさにクラシックっていうイメージになっています。

アームレストなどもしっかりと、クラシックボルドーになっています。

画面は黒光りする光沢のある液晶ディスプレイです。

光沢のあるディスプレイはどちらかというと動画を楽しむ人にいいらしいですが・・。

NECはなぜか光沢あるディスプレイにこだわりがあるようです。

それはそれでありって言えるのかもしれませんね。

実際にこうやって、開いてみるとこのクラシックボルドーもいいなぁってちょっと思ってしまった僕がいます(笑)。

どうですか?オシャレですよね?

どこまで、開くか試してみると180度!

実際、いつ使うんだっていう気もしますけど、人に画面を見せてあげる時とかにはいいかもしれませんね。

何人かで囲むとか。

側面の写真は僕も撮影してみましたが、あなたに見せてあげる事のできるようないい写真が撮れなかったので、NECダイレクト公式サイトからお借りしました。

個人的にはUSB端子がもっと欲しいなって思います。

Type-Cコネクタが左右に2つあるのは嬉しいのですが・・

ちなみに、開いたノートパソコンを横から見てみると、ヒンジ(液晶とキーボードのつながっているところ)に工夫が見えます。

底面が少し液晶側が支えになって、キーボード側の底面が少し浮いています。

これは斜めになると、キーボードに手首を置いた時の感じがいい→肩こり防止になるのかな?

あと、パソコンの熱を逃がす効果があります。

ノートパソコンの場合は、パソコンの底面に網があってそこから排熱しています。

その効率を上げる事ができます。

あなただけでなく、パソコンにも優しい構造っていう事なんですね。

こういう気配り、僕は好きです(笑)。

サイズの写真もNECダイレクトから拝借しています。

このサイズを見ると、ほぼA4用紙のサイズと一緒と思ってもらうといいです。

あと、このノートパソコンは小さいだけあって軽いです。

お借りした実機は、「LAVIE Direct PM」の中でも、比較的重たい方に入ります。

ウチにあるアナログのはかりで計測したら、約950gでした。

カスタマイズによっては800gを切るみたいです。

やっぱり1kg切ってくると軽いです。

最近、僕の左手首は変に重量がかかってしまうと痛む事がありますが、「LAVIE Direct PM」を片手で持ち上げても平気でした。

小学生でも楽勝です(笑)。

「LAVIE Direct PM」貸出機を使ってみた!

まず、電源ボタンをONしてから、起動完了までの時間を計測してみました。

って言っても、電源ONとともに僕の腕時計を押すっていう超アナログ的なやり方ですけど。

およそでも、時間だけわかってもらえるといいかなって思いまして。

時間はなんと約10秒!

速いだろうなって思ってましたが、想像を超える速さでした。

ちなみに再起動もやってみました。

その時間約30秒!

HDD搭載のノートパソコンだったら1分以上かかっちゃいますよ。

最後にシャットダウンは1秒くらい(笑)

測るっていうレベルじゃなかったので、感覚的な話ですが瞬殺です。

この実機には512GBのPCIeSSDが搭載されていますので、このくらいの実力は持っています。

メモリは16GB搭載です。

この機種にそこまでのメモリは必要なのか??って感じてしまいますが、写真とか動画をちょこちょこ編集したりする人でも使えるのかなと。

エクセルとかワードだと、スラスラ、サクサクで気持ち良すぎるでしょう。

NECダイレクト公式サイトでは、テレワーク推奨となっています。

確かに、テレワークだと何人かの方と同時にリモート通信しますので、CPUの能力的にもCore i7搭載で全く問題なく気持ちよく使えるレベルです。

ただ、その場合画面が小さいっていうのが少しネックになってしまうかなと思います。

13.3インチでテレワークでリモート会議とかだと小さい画面の中にたくさんの人!!みたいな。

それでも、問題なければいいのですが。

テレワークを快適にこなしたい時には別売りのディスプレイを購入すると安心かもしれません。

キーボードの打ちやすさは、5段階とするなら中間の「3」です。

個人的な感想ではありますけどね。

やはり小さいノートパソコンは大きいキーボードに比べると打ちにくさを感じます。

あと、モバイル用で小さいからっていう事でテンキーがついていません。

テンキーを多用する人にとっては、慣れが必要です。

ただ、慣れてしまえば問題ないレベルで打ちこめると思います。

NECは日本人に合わせたキー配列になっているので、間違い少なく打つことができます。

打ち込む時の音は静かで、カフェや図書館なんかで使っても問題なさそうです。

もちろん、あまり強い力で打ち込んではダメですよ。

やさしくです(笑)。

それから、もう一つ。

「LAVIE Direct PM」にはタブレットモードを選択できます。

そう、画面をスワイプやタップするだけで操作ができるんです。

文字を打つうまく使えば、さらに仕事の効率を上げる事ができます。

ここにきて、思ったのはだから180度に開く意味があるなって思いますよね。

音響は大したことありません。

ノートパソコンの音響だな~って感じなので、あまり期待しないでください。

使てみた感じでのおすすめポイント

  • 速い
  • 軽い
  • 薄い
  • タブレットモードがある
  • 丈夫
  • メーカーが安心
  • 飽きないオシャレなクラシックボルドー

僕にとって一番のおすすめポイントは、本当は赤いです。

ですが、色は赤って言われると微妙。

そこで、今回は速いことが一番のおすすめポイントです。

遅いパソコンを使ったことのあるあなたならわかるかもしれませんが、とにかくイライラです。

そういう経験のある誰もがサクサクっていう言葉に弱い(笑)。

まさにサクサクです。

タブレットモードをうまく使いこなせるようになれば、マウス、キーボード、タッチパネルで作業効率アップも可能です。

ぜひ、どちらかに偏ることなく慣れて欲しいです。

あとは、軽くて丈夫でモバイルパソコンやテレワーク用に最適です。

メーカーはNECなので、絶対的な安心感がありますよね。

あとは、やっぱりオシャレです。

クラシックボルドーっていう色自体は赤かって言われたら茶色に近いような微妙な感じですけど、間違いなくオシャレです。

この色のノートパソコンを普通に持ち歩いているビジネスマンは間違いなくカッコいい!

ただ、少しでも安いパソコンが欲しいって場合や、家の中だけの使用でそんなに移動の必要がない、あと、画面が大きい方がいいっていう時には「LAVIE Direct PM」は向きません。

その時は「LAVIE Direct N15」っていう型番のノートパソコンがNECから2020年夏モデルとして販売されているので、そちらを検討してみてもいいかもしれません。

「LAVIE Direct PM」はこんなあなたにおすすめ

こんなあなたに・・

👉オシャレなモバイルパソコンを探していた
👉テレワークを始める
👉サクサク動いてほしい
👉どこでも気軽にパソコンを使いたい
👉軽くて薄くて丈夫なパソコンが欲しい

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください