ノートパソコンはCPUの性能で決まる!選び方は初心者でも簡単!

ノートパソコンを選ぶ時、色や画面サイズ、持ち運びがしやすい、価格が安いなどなどあります。

もちろん、あなたの好みの順番で選んでいくといいです。

でも、CPUがノートパソコンの性能を決めています。

だから、「わからない」ってあきらめるんじゃなくて、ちょっとだけこの記事を読んでみてください。

初心者でも簡単なCPUの選び方を紹介します。

ノートパソコンはCPUの性能で決まる!

CPUっていうのは、パソコンの頭脳と言ってもいいパーツです。

ノートパソコンに限らず、全てのパソコンに絶対に搭載されています。

CPUが無いとパソコンとして成り立ちません。

なので、ある程度CPUの事を知っておくと用途に合わせた性能のパソコンを選ぶことができるようになります。

他のパーツの事は知らなくても、CPUだけは知っておいてほしいです。

CPUとは?

CPUって何ですか?
パソコンの頭脳で、中央演算処理装置なんて言ったりします。

CPUのメーカーは?

CPUを作っているメーカーってたくさんありますか?
インテル社とAMD社の2社です。

実は、アメリカのインテル社とAMD社だけで世界のほとんどのシェアを分け合っています。

日本では、この2社の製品しか手に入らないと思っても大丈夫です。

CPUの種類は?

インテル社から発売されている、CoreシリーズとAMD社から発売されているRyzenシリーズが主ですが、細かく分けると実はかなりの種類があります。

インテル社AMD社使用できる目安
Core i9Ryzen 9クリエイティブな仕事、3D制作
Core i7Ryzen 73Dゲーム、動画配信
Core i5Ryzen 5動画編集
Core i3Ryzen 3写真編集、動画鑑賞
PentiumAthlonネット検索、事務系の仕事
CeleronAシリーズネット検索、文書作成

上表の目安を参考にしてみてください。

実際に選ぶ時には、あなたが使用する目的から1段階上のCPUを選ぶことをお勧めします。

僕の話をしちゃって、申し訳ないですけど、実は僕も始めは安いパソコンでいいやって思ってましてね。

ネット閲覧と文書作成程度の事ができればいいやってCeleron搭載のパソコンを購入しました。

そしたら、子供の成長とともに写真や動画が増えていきまして、パソコンの中に取り込む機会が増えたんです。

どんどん重たくなってしまって、普通のネット検索するのに5分くらい待たされることもありました。

そうなると、パソコンの本来の機能を失っちゃってますよね。

もし、お財布に余裕があるなら1段階上のCPU搭載のパソコンを選ぶことをおすすめします。

上表の上から順番に性能の高いCPUです。

インテル社とAMD社を比較すると、上表の隣同士が大体ですけが、同じくらいの性能と思ってください。

CPUの世代はどこでわかる?

CPUの世代って何ですか?
シリーズ名の次に表記してある4桁の数字の頭の数字が世代です。

Ryzen 7 3700X

上のCPUでしたら、「Ryzen 7」シリーズの第3世代という事になります。

そして、世代の数字が大きい程、つまり新しい程性能が向上していると思ってください。

CPUの性能は?

CPUの性能はどこを見ればわかりますか?
コア、スレッド、クロック周波数の数字を見ます。(下表参照)
コア処理・演算を行うところでCPUの中心(核)
スレッド同時に処理できる作業の単位
クロック周波数電圧の高低を繰り返すリズム(周波)の長さを表す数値

CPUの数値はここを見れば性能もわかる!

実際のCPUを例に表を作っています。(下表)

インテル® Core™ i7-8086Kインテル® Core™ i3-8100インテル® Celeron®
2957U
クロック周波数4.00GHz3.60GHz3.20GHz
コア数6コア4コア2コア
スレッド数12スレッド4スレッド2スレッド

このような表記になります。

基本的には数値の大きい方が、性能が高いという事になります。

コア数CPUの中に、何個のコアがあるかという事です。

より多くのコアがあった方がたくさん働いてくれます。

だから、コア数の数字が大きい方が性能が高いといえます。

スレッド数1つのコアの中で1度に1個の処理をするか、2個の処理をするかによって変わります。

1つのコアの中で2個の処理ができる、優れものもいるわけですね。

上表で言うと、「インテル® Core™ i7-8086K」の6コア12スレッドがそれにあたるということです。

クロック周波数は処理の速さです。

1Ghz=10億回という果てしない数字ですが、数字の大きい方が処理が速いっていうのはわかっていただけると思います。

CPUの選び方は初心者でも簡単!

上で説明させていただいた通りで、わかりやすくなったと思います。

ただ、そこを見たけでは、はっきり言って選べないですよね?

どのCPUでどのくらいの事ができるのかがわかるといいですね。

あくまでも、目安なので参考までに見てください。

インテル社AMD社使用できる目安
Core i9Ryzen 9クリエイティブな仕事、3D制作
Core i7Ryzen 73Dゲーム、動画配信
Core i5Ryzen 5動画編集
Core i3Ryzen 3写真編集、動画鑑賞
PentiumAthlonネット検索、事務系の仕事
CeleronAシリーズネット検索、文書作成

上表の目安を参考にしてみてください。

実際に選ぶ時には、あなたが使用する目的から1段階上のCPUを選ぶことをお勧めします。

僕の話をしちゃって、申し訳ないですけど、実は僕も始めは安いパソコンでいいやって思ってましてね。

ネット閲覧と文書作成程度の事ができればいいやってCeleron搭載のパソコンを購入しました。

そしたら、子供の成長とともに写真や動画が増えていきまして、パソコンの中に取り込む機会が増えたんです。

どんどん重たくなってしまって、普通のネット検索するのに5分くらい待たされることもありました。

そうなると、パソコンの本来の機能を失っちゃってますよね。

もし、お財布に余裕があるなら1段階上のCPU搭載のパソコンを選ぶことをおすすめします。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください